社会医療法人 友愛会 恵愛病院

認知症初期集中支援チーム

HOME | 在宅支援のご案内 | 認知症初期集中支援チーム

認知症初期集中支援チームとは

認知症になっても本人の意思が尊重され、できる限り住み慣れた地域で暮らし続けられるように、室蘭市から委託を受けて平成28年10月より、恵愛病院認知症疾患医療センターに「認知症初期集中支援チーム」を設置し、認知症の早期診断・早期対応に向けた支援をスタートさせることになりました。 専門医と医療・介護福祉の専門職からなる「認知症初期集中支援チーム」は、認知症の専門知識と豊富なケア経験を持つチームです。ご家族や周囲の方の相談を受けてご家庭を訪問し、早期に専門医療機関の受診・治療につなげ、適切な医療やケアが受けられるよう支援します。

支援対象者と相談窓口

認知症初期集中支援の対象となる方、および相談窓口は以下の通りです。 認知症の疑いのある方、またはご家族や周囲の方で認知症に関する悩みや心配事がありましたら、ご相談ください。

相談窓口

まずはお近くの室蘭市地域包括支援センターまたは認知症初期集中支援チームへご相談ください。
 
室蘭市地域包括支援センター
  • 地域包括支援センター白鳥ハイツ
  • 地域包括支援センター母恋
    • 室蘭市新富町1丁目5番13号  TEL/0143-24-2112
  • 地域包括支援センターことぶき
  • 地域包括支援センター憩(いこい)
    • 室蘭市知利別町1丁目45番地  TEL/0143-41-3076
 
認知症初期集中支援チーム
連絡先

恵愛病院認知症疾患医療センター内

TEL/0143-87-0100(センター直通)

FAX/0143-86-7484(代表)

相談時間

月~金(祝日、病院の休日は除く)

9:00~12:00 13:00~17:00

 

支援対象者

室蘭市在住の40歳以上で、自宅で生活しており、認知症が疑われる方または認知症の方で、以下①~③のいずれかに該当する方。
 

①認知症の診断を受けていない方、または治療を中断している方
②医療サービスや介護サービスを利用していない方
③認知症による症状が強く対応が困難な方

 
例えば、

● 親が認知症ではないかと思うが、病院に行きたがらない。
● 近所に急に暴言を吐くようになった人がいて家族が困っている。認知症では?
● ひとり暮らしの老人で認知症が疑われる人がいる。どうしたらいい?

など